メインイメージ画像

弔電を打つなら、電報に関する情報

電報は冠婚葬祭において自分が参加できない場合に利用します。利用の料金はサービスによって異なりますが台紙の種類や字体、文字数などの要素で決まってきます。結婚式であれば祝電を送ります、祝電だったらおめでたい席なので、気分的にも良いですが、弔電となると少し話が違ってきます。

弔電というとお葬式の時には絶対必要な物です、遠くにいてどうしても会場に来ることができない方が業者にお願いして、会場に電信を送ったり、文書を送ったりします。

弔電の場合は普通は、定型の文章がある程度用意されていて、その中から選ぶのが普通です。結婚式の祝電の様な、特に趣向を凝らした演出などはもちろん必要ないので、定型の文章を使うのは失礼には当たりません。弔電の場合、ご尊父様やご母堂様、ご令室様のような敬称であったり字体であったり細かい場所に礼儀があるので、そのことからも、定型の文章を使うのが無難です。また、故人がどのような宗教に属しているかも関係します。

キリスト教の場合などは、お悔やみ、成仏、僧などの仏教用語は避ける様に気を使わなければなりません。

今ではインターネットからでも電話でも注文ができ、時間帯によっては当日でも請け負ってくれる業者もあるので、急な訃報でも対応できるのでそこはすごく便利で速いです。
とはいっても、訃報のケースは誰も予期せぬ、望まない事なので、間に合わなかったといっても失礼にはなりません。

定型の文章を利用するのは前述しましたが、台紙などにはいくつか種類があります。

故人がどんな人物であったか、自分にとってどういった存在だったのかを考え決めると良いです。実際に自分が行くことができないのであれば、最後のお別れの挨拶となりますので、実際に自分が行った時以上にあなた自身の気持ちを入れることがとても大切です。弔電を送った後お世話になった方であるならば、改めて時間をとって一度ご挨拶に行くのが1番良いです。

iv>