メインイメージ画像

今だからこそ思いを伝える祝電は電報で

電報は、昔から様々なメッセージを伝えるために使用されてきた手段です。携帯やメールなど便利な通信ツールが増えたことで、唯一無二の存在でこそなくなりましたが、今もその形式は根強く色々な場面で活躍しています。

例えば電報の一つに祝電というものがありますが、一言に祝電といっても幅広く、使われる状況は多岐に渡ります。
祝いの言葉を伝えた電報は、総じて祝電と呼びます。祝電の使い方として、一番に結婚の場を思い浮かべる方も少なくないでしょう。

結婚式においての祝電は、広く世間に認知された存在です。結婚式の祝電は、基本的に式に参加できない人間が、祝いの言葉だけでもと送るものです。送り先は式場となり、新郎新婦両方の名前や、どちらかの名前を宛先として、メッセージと共に届けます。式までにしっかりと間に合うように、早め早めに受付を済ませておくようにするのが鉄則です。別れを意味する言葉を使わなければ、文章は自分の言葉でつづったものでかまいません。

祝いの気持ちがストレートに届くような、式で読み上げられてもいい素敵な文面を考えます。

結婚式の他にも、入学や卒業などの節目には、よく祝電が活躍します。
送る相手は学生となるので、それに合わせて電報の形も可愛らしいものになりがちです。キャラクターものやぬいぐるみがついた祝電は特に人気で、いくつものサービスで展開されています。

他にも出産祝いや昇進祝い、誕生日や母の日や敬老の日といった場面で祝電は使われます。

電話からだけではなく、インターネットからも手軽に送ることができるようになったことで、行事のたびに電報という形でのやりとりが注目されるようになりました。
生花やブリザーブドフラワーがついたもの、メロディーやボイスメッセージが再生されるもの、アクセサリー等のプレゼントも送付が可能なものもと、祝電のスタイルは非常に多彩です。時代に合わせて変化してきた電報は、今後も人の生活になくてはならないものとして、暮らしに息づいていくことでしょう。

iv>